FILE
1

樫本善嗣さん
佐知子さん

Iターン(2011年5月)

出身地:善嗣さん 堺市、佐知子さん 和歌山市

現住所:南あわじ市

職業:飲食業

家族:夫婦、子供1人

自分の子供を育てるのに良いところだと思いました

Q1 田舎暮らしを考えたきっかけ

ずっと大阪に住んでいたのですが、昔から田舎が好きで、バイクを乗り始めた頃から、日本全国のいろんな田舎に行って遊んだりしていて、いつかは田舎暮らしをしたいと思っていました。

Q2 南あわじ市に移住したきっかけ

隣の洲本市のホテルのフロントで勤務していた頃に、お客様として来られていた住職さんから、「檀家さんの家で住む人がいなくなる家があるのだけれど、廃れさせたくないので、誰か住んでもらえないかな?」というお話があって、自分自身、10年前からカフェをやりたいという想いもあったので、その家でカフェをしようと決めました。

Q3 南あわじ市の魅力・移住してよかったこと

人が優しくて温かいですね。食べ物も美味しいし、子供を育てたい環境、自分の子供を育てるのに良いところだと思いました。 今では、私の両親も移住してきて、一緒に暮らしています。 周りの人も畑や作業をしていて、その人達からもの凄く元気を貰えたり、いろんな人がアドバイスをしてくれたり、人の横の繋がりが濃いっていうのは、都会ではないなぁって思いますね。歩いていても近所の人が「最近どうしてる~?」と声をかけてくれるので、もの凄く嬉しいですね。

Q4 移住前に不安だったことは?

転勤族だったので、生活に関しては新しい地に住むことには慣れていたのですが、地域の付き合いが初めてだったので、どうしたらいいんやろ?と思いました。最近、隣保(近所)の方に「消防団に入るのも、そろそろやね~。」と言われていて、お店のこともあるので都合がつけばですが、是非参加させてもらいたいと思っています。あと、虫が多いことくらいかな。笑

Q5 現在のお仕事

カフェの経営、コーヒーマイスターの資格も取得して珈琲の焙煎をしています。妻は、カフェ全般、トッピング、ランチなどを担当していて、協力しながら運営しています。北坂養鶏場さんのこだわりの卵「さくら」と淡路島牛乳を多めに使って作ったワッフル、TOP5パーセントの上級豆と先山の湧き水で入れた珈琲、こだわりの淡路島カレーを是非楽しみに来ていただきたいです。

Q6 平日・休日の過ごし方

お休みは、毎週木曜日と第2・4金曜日です。仕出しや買い出し、お店に出している天然のお水を汲みに行ったり、庭の整備をしています。

Q7 田舎暮らしを考える人へのメッセージ

便利じゃないのが“心のゆとり”になるという感じです。大阪だと、バスや電車があって夜中に飲んでも帰ることが出来るけど、こちらは電車がないし、場所によっては携帯電波も届かなかったりして、それなら家で作って食べようかなということで、家での団欒も増えて、時間のゆとりに加えて“心のゆとり”が出来ましたね。そういう面でメリットがあると思いますね。

ふくカフェ

https://ja-jp.facebook.com/fukukafe/

ふくカフェ・ウェブサイト

http://www.fuku-cafe.net/