FILE
11

原 拓生さん

Uターン(1997年5月)

前住所:アメリカ

出身地:南あわじ市

現住所:南あわじ市

連絡先:0799-50-2411(お店)

職業:珈琲焙煎士・バリスタ

家族:夫婦、子供2人

引っ越してきて、あっという間に溶け込めました

Q1 なぜ、アメリカに行かれたのですか?

淡路島で暮らしていた頃、高2の夏休みに国際交流で1ヶ月アメリカの牧場に行って、その経験が凄く良かったので高3の夏休みにも交換留学でまたアメリカに行ったんです。その時に行こうと思う大学を決めていて、卒業後はそのアメリカの大学に行きました。最初の2年間はコロラド州で田舎だったのですが、都会にも暮らしてみたくて、大学を編入して場所をカリフォルニア州へ移しました。アメリカの場合、広いのでそうしないと環境が変わらないんです。

Q2 南あわじ市に移住したきっかけを教えてください。

アメリカの大学を卒業後、就職を考えた時に、親のことを考えてかな。あと地元が凄く好きだったのでUターンすることにしました。

Q3 南あわじ市の魅力・移住してよかったこと

ヨソの人に冷たくないですよね。引っ越してきて、あっという間に溶け込めました。ウェルカム感が凄くてすぐ輪に入れましたね。あと、家庭菜園しているんですけど、自給自足生活が楽しいですね。地元の繋がりがあって、「玉ねぎ要らん?米要らん?」ってみんなくれますし、漁師さんからは魚を貰うので、お返しに「お菓子食べて~」って渡すと喜んでくれますね。笑
あと、子供がいるんですけど、南あわじ市は「子育てにいいまち」だと思いますね。

Q4 移住前に不安だったこと

Uターンなんですが、地元にいる時は、ずっと山の上に住んでいてサラリーマン家庭だったから、帰ってきてお店を始めるようになって他のお店の人や、漁師町なので漁師さんとのおつきあいに少し不安はありましたね。最初は合わせようとしていましたが、ある時から、「無理せんとこ。」って、ありのままで接していたら、どんどん溶け込んでいけるようになって、それは凄く有難かったですね。

Q5 お仕事について

帰国後は公務員試験に合格し、神戸や淡路の郵便局で勤務していました。神戸勤務時代は、3年間、南あわじ市から高速バスで通っていました。それくらい地元が好きだったんですよね。その後、教習所の教官へ転身して、更に3年前から、アメリカで知った珈琲の良さを知ってもらいたいという想いで、現在のコーヒーショップ「ジロ・デ・アワジ」を経営して、珈琲焙煎士、バリスタとして働いています。

Q6 平日・休日の過ごし方

お休みは月曜日です。自転車が好きで、淡路島はもちろん、琵琶湖や静岡に行って乗ってみたり、単車に乗って九州へ行ったり、子供と出かけてログハウスに泊まったりしていますね。忙しいですよ。笑

Q7 田舎暮らしを考える人へのメッセージ

自転車を始めることをおススメします。笑 「アワイチ」っていう自転車で淡路島を1周するのがあるのですが、淡路の景色を眺めながら走るので、景色も綺麗だし気分爽快ですよ。簡単な修理なら出来ますので、気軽にお店にも立ち寄ってもらえたらと思います。

ジロ・デ・アワジ

http://giro-di-awaji.com/

淡路ロードバイクサポーターズ

http://awaji-roadbike.com/