FILE
9

小島おじま良太さん

Iターン(2012年7月)

出身地:加古川市

現住所:南あわじ市

職業:農業

家族:夫婦、子供1人

野菜・肉・魚のすべてがおいしいです

Q1 田舎暮らしを考えたきっかけ

前職が飲食業で多忙なサラリーマンだったんですけど、30歳までに転職して農業というより「ものづくり」にチャレンジしたいと思っていたので、癒しとチャレンジを求めて29歳で移住してきました。

Q2 南あわじ市に移住したきっかけ

農業をしようと思って県へ相談した際、新規就農離陸加速モデル推進事業の研修制度を紹介して頂きました。 そこから、南あわじ市の農業改良普及センターでお世話になり、南あわじ市の農家で研修を受けることがきっかけで来ました。 研修を受けたとき、ちょうど研修先である方の家が利用できるということで、そこに住むことができたのも運が良かったと思います。

Q3 南あわじ市の魅力・移住してよかったこと

食べ物がおいしいのが1番ですね。野菜・肉・魚のすべてが新鮮でおいしいです。そして食と物価が安いこと、次に気候が良いことです。 あと海が好きだったので移住する前から妻とよく来ていて、海が近いというのも魅力の1つです。

Q4 移住前に不安だったこと、移住して苦労したこと

妻も一緒に来て農業をしてくれているので、やってこれたと思います。若かったので、いい意味で地域の人に見られていて、仕事も地域にかかわっているので、地域に馴染むことは大切だと思いますね。
同じ頃に、同世代で農業をしにきた移住者がいたので、機械を貸してもらったり、逆に研修で学んだことを教えたり刺激になりましたね。

Q5 現在のお仕事

「農業」と「子育て」って言いたいです。(笑) 子供の運動会に行けないとか、子供のことができない親になるのは嫌で。子供が将来、農業をしたいなら農業をしたらいいし、相撲取りでもいいし。イクメンパパでいきたいと思っています。

Q6 平日・休日

不定休ですね。レタスの研修を受けたので、主にレタス農家ですが、カリフラワー、ブロッコリー、紫キャベツ、白菜などの野菜を中心に作っています。にんにくなどの好きなものを作ったりもしています。

Q7 田舎暮らしを考える人へのメッセージ

お薦めしたいのは、リサーチすることですね。私の場合は、運と縁と若さと勢いで来て、あとからいいことがついてきたって感じですけど、補助などリサーチしておいたら良かったなと思うものもあります。あとは、田舎になればなるほど地域貢献って大事だと思います。